歯磨き剤の中味について。|宇都宮市の歯医者なら「東武宇都宮駅」徒歩3分、無痛治療のゆざわや歯科クリニックへ。

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~13:00/14:00~19:30

  • 診療予約
  • 無料メール相談

スタッフブログ

歯磨き剤の中味について。

スタッフブログ 

宇都宮市オリオン通りの歯医者

ゆざわや歯科クリニックです。

 

歯磨き剤の中味について、

日本歯科医師会の雑誌に書かれていましたので

お話させていただきます。

 

歯磨き剤の中味と言いましても成分のことで、

歯磨き剤の後ろのパッケージには、

必ず成分表記されていますので、

一度ご覧なってみてください。

 

そこに成分表記されているものには、

 

清掃剤として…。

無水ケイ酸、炭酸カルシウムなど、

発泡剤としてラウリル硫酸ナトリウムなど

湿潤剤としてブリセリンソルビトールなど。

 

香味剤として…。

サッカリンナトリウム、メンソール、ミント酸など。

 

粘結剤として…。

カルボキシメチルセルロースナトリウム

アルギン酸ナトリウムなど。

 

薬用として…。

フッ化ナトリウム、イソプロピルメチルフェノール、

トラネキサム酸、テキストラナーゼなどが成分になっています。

 

その清掃剤は歯の汚れやプラークを落とします。

 

発泡剤や湿潤剤はハミガキ前に

湿り気を与え口の中に広がるようにします。

 

香味剤はすこやかな味を与えます。

 

粘結剤は、歯磨き剤の分離を抑え粘性を与えます。

 

さらに薬用成分で、お口の中の疾患予防をいたします。

 

以上の歯磨き剤の成分をお知りになって

ブラッシングしますと、

さらによく磨けるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る