歯周病が体に及ぼす影響について。|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~12:00/14:00~19:30

スタッフブログ

歯周病が体に及ぼす影響について。

スタッフブログ 

宇都宮市オリオン通りの歯医者

ゆざわや歯科クリニックです。

 

歯周病は歯を失うだけではありません。

最近の研究では歯周病を放置して悪化すると、全身にいろいろな影響を及ぼすことが

分かってきました。

 

①誤嚥性肺炎

歯周病菌が混じった唾液や食べ物が気管に入り、肺炎を引き起こすことがあります。

特に高齢の方は飲み込む力が弱いので注意が必要です。

②認知症

歯周病が悪化して歯が抜けたまま放置すると、噛む刺激が脳に伝わらなくなるため、

認知機能が衰えて認知症になりやすくなります。

③早産・胎児の低体重

歯周病の炎症で出てくる物質には、子宮を収縮させる作用があるので、早産や

低体重児出産のリスクが高まることもあります。

④動脈硬化

歯周病菌が血液中に入り込み、血管を狭めることがあります。

その結果、動脈硬化が進行して、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞などを引き起こす原因になります。

⑤糖尿病

近年、特に強い因果関係が確認され、歯周病の治療をすると糖尿病も改善するという

報告もあります。

 

そのほか、喫煙者は歯周病の進行が速く、肥満や骨粗鬆症など、さまざまな病気と歯周病が

強く関係しているといわれています。

歯周病を予防することは、病気にかかるリスクを減らすことにもつながります。

 

歯周病には十分注意しましょう。

ページトップへ戻る