健康寿命の秘訣はオーラルフレイル対策!歯科医院で出来ることを教えます|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~13:00/14:00~19:30

  • 診療予約
  • 無料メール相談

健康寿命の秘訣はオーラルフレイル対策!歯科医院で出来ることを教えます

日々の生活を医療・介護に依存せず、心身ともに健やかな状態で、自立した生活ができることを「健康寿命」と呼びます。

そして近年、高齢になると起こる体力の衰えや体の病気が、お口の状態との深いつながりが明らかになってきました。

実際、厚生労働省は80歳で20本の歯を残そうという「8020運動」を推進しています。その運動に加えて、ゆざわや歯科クリニックで特に意識しているのが「オーラルフレイル」の考え方です。今回は、口腔機能の衰えることで引き起こされる様々な健康面のデメリットを解説します。

オーラルフレイル対策は、いつまでも元気で過ごすための鍵です。少しでも気になった方は是非記事をご覧ください。

オーラルフレイルという新しい考え方

オーラルフレイルの「フレイル」は虚弱・衰えという意味です。
もともとは、日常生活でのサポートが必要な状態と、健康な状態の中間を意味する介護用語でした。「オーラルフレイル」は、そこから派生し、加齢による口腔機能の低下や食の偏り、噛み合わせの悪化などが原因で、体が衰弱していくことです。

典型的な兆候として、「活舌が悪くなる」「食べこぼしが増える」「むせやすくなる」があります。
些細な症状なので、気づきにくいかもしれません。しかし、そのまま放置していると、口腔機能がどんどん衰退し、健康面で様々なリスクが発生します。

オーラルフレイルが引き起こす恐ろしい結果

サルコペニア(筋肉減弱症)

身体を十分に動かすために、しっかりと歯で噛めることは大切です。しかし、何らかの要因で口腔機能が機能しないと、筋肉の衰え(サルコペニア)が起きます。
サルコペニアの恐ろしさは、外に出るのが負担になり、人や社会との結びつきが希薄になってしまうことも挙げられます。

介護リスク

口腔機能が低下することで、食べられるものも少なくなります。具体的に言えば柔らかいもの、好きなものばかりの食生活になってしまうことです。
栄養バランスが乱れ、低栄養状態から介護が必要な状態に陥るリスクが高まります。

認知症リスク

食べ物を噛む行為は、同時に脳を刺激し血流も良くしてくれます。つまり、よく噛めないと、咀嚼による中枢神経への刺激が少なくなるのです。
結果として、認知症を引き起こしてしまう確率が高くなると言われています。

オーラルフレイルによって死亡リスクが増加

東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授のチームが、介護認定のない高齢者2000人の口腔を調べた結果は衝撃的です。

「むせることがある」「噛む力が弱い」「活舌の低下」「舌の力が弱い」「半年前と比べて硬いものが噛みにくくなった」「歯が20本未満」といった6項目のうち、3項目以上に該当した人を4年後に追跡調査したところ、死亡リスクが2.09倍に増加。
(2018.4.20産経新聞「オーラルフレイル…口の機能の衰え、早めに防いで健康長寿」より)

初期の違和感を放置せず、早めの対策をとること。
それがオーラルフレイル予防の第一歩だという重要性を、この調査結果により多くの方が認識したのです。

オーラルフレイル対策は口腔内の機能を回復させること

虫歯・歯周病予防を行い1本でも多くの歯を残すことは、健全な噛み合わせを獲得でき、健康寿命に良い効果をもたらすのは間違いありません。
また、歯を失ってしまっても、入れ歯やインプラントで歯の機能を回復することが期待できます。特に最近は入れ歯の種類も豊富になり、審美性にも優れたものが多く、患者様の選択肢も増えました。

当クリニックでも、患者様のお悩みやライフスタイルに応じて、様々な入れ歯やインプラント治療に対応しています。
「歯は沢山あるから1本くらい無くなっても大丈夫」という意識から、「1本でも多く歯を残す」「歯を失っても、そのままにしない」という考えに変わっていただけるよう日々診療を行っております。

出来るだけ早い段階でお越しください

歯の機能を回復する治療は、身体的・精神的にも負担がかかり、身体の機能が衰えてからの通院は困難です。
そのため、オ-ラルフレイルが進行する前に、入れ歯の製作やインプラントの手術を行っておけば、突然歯科医院に来院できなくなる事態があっても訪問歯科などでメインテナンスを継続できます。

出来るだけ早い段階で治療を行い、定期的なメインテナンスやセルフケアを怠らないことがオーラルフレイルを予防する重要な鍵です。
まずは、現状のお口の状態を歯科医院で検査しましょう。

まとめ

正しい噛み合わせの維持、歯の残存数を増やすことがオーラルフレイルを予防し、健康寿命への鍵を握ります。
当クリニックには、小さいお子さんから成人の方、そしてシニアの方まで多くの患者様が、予防・メインテナンスにお越しになります。

もし、残念ながら歯を失った方がいても、入れ歯やインプラントなどの治療に対応しているので、ご安心ください。
健康寿命を延ばし、年を重ねても素敵な人生を送るためにも、オーラルフレイル対策を今すぐ始めてみませんか?ご来院お待ちしております。

ページトップへ戻る