入れ歯治療で知っておくべき、保険診療と自費診療の違いとは?|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~13:00/14:00~19:30

  • 診療予約
  • 無料メール相談

入れ歯治療で知っておくべき、保険診療と自費診療の違いとは?

入れ歯をお使いの患者様から「どの入れ歯を選んだら良いか分からない」というお悩みを頂くことがあります。入れ歯は保険診療と自費診療で、製作可能なタイプが分かれ、それぞれに特徴があります。
今回は、保険診療と自費診療の入れ歯におけるメリット・デメリットに加え、自費診療で作ることができる新しい入れ歯などをご紹介します。

お使いの入れ歯にお悩みがあり、より快適な入れ歯をお探しの患者様は、記事を是非ご覧ください。

顎関節症とは

顎は筋肉や関節と複雑に結びついており、それらが連動することで「口を開ける」「噛む」などの動作ができます。しかし、何らかの原因で、その動きがスムーズにならなくなることがあります。顎に痛みや違和感を覚えるようになり、口を大きく開けることが難しくなるのです。顎の筋肉や関節に不具合が生じている状態が「顎関節症」です。顎関節症は症状が悪化すると、顎の痛みだけでなく、肩こりや腕のしびれなど、全身の不調に影響を与える恐れがあります。

保険診療で作る入れ歯のメリット・デメリット

メリット

1.治療費を抑えられる

入れ歯の製作に必要な費用は、健康保険の適用で抑えることができます。「初めて入れ歯を作る」という患者様も、安心してご利用になれます。

2.修理しやすい

保険診療の入れ歯は、シンプルな構造をしています。もし、入れ歯の土台部分が欠けてしまっても、プラスチックを盛ることで補修できるなど、修理のしやすさも魅力的です。

デメリット

1.装着時の違和感

プラスチック製の入れ歯は厚みが出てしまい、お口に装着した際に圧迫感を覚えやすくなります。

2.耐久性が低い

落とした衝撃により割れやすく、熱により変形しやすいです。そのため、定期的な健診で、交換のタイミングを見る必要があります。

自費診療の入れ歯のメリット・デメリット

メリット

1.様々な素材から選べる

自費診療で作成できる入れ歯は、金属を使用したタイプや、メタルフリーのタイプなど、患者様のライフスタイルに合わせて、お好みの素材からお選びいただけます。

2.自分に合う入れ歯を作れる

型取りをおこない、患者様のお口に合う入れ歯をーダーメイドで作製します。完成した入れ歯は、しっかりと噛むことができ、長時間の装着でも顎が疲れる心配も少ないです。

デメリット

1.治療費が高い

自費診療のため、治療費が高額になるケースもあります。費用は、治療前にきちんとお伝えしますのでご安心ください。

2.適用例が限られることもある

金属床義歯や磁性アタッチメントなど、金属が含まれるタイプの入れ歯の場合、金属アレルギーの患者様はご利用になれないこともがあります。

自費診療の入れ歯の種類

当クリニックで製作可能な自費診療の入れ歯をご紹介します。

1.金属床義歯

土台部分が金属で作られている入れ歯です。金属を使用することで、入れ歯の厚みが抑えられ、快適な付け心地を実現します。また、熱伝導率が良く、食べ物や飲み物の温度が伝わりやすいため、食事をより美味しく楽しんでいただけます。

2.磁性アタッチメント

歯ぐきに埋め込まれた金属と、入れ歯に埋め込まれた磁石が、お互いにくっつくことで入れ歯が固定されます。密着度が高いので、噛む力が弱くなりにくく、食べ物をしっかり噛めます。安定感もあり、残っている歯への負担も減らすことが期待できる入れ歯です。

3.カムデンチャー

カムデンチャーとは、金属のバネ部分をワンタッチで開閉できる入れ歯です。従来の入れ歯に比べ、バネがかかる歯への負担が軽減されます。また、歯を傷つけることなく、スムーズな着脱も可能です。

新しい入れ歯「ナチュラルデンチャー」とは?

当クリニックが注目する新しい入れ歯があります。それが「ナチュラルデンチャー」です。
ナチュラルデンチャーは「金属アレルギーが不安」「見た目が気になる」「装着時の違和感」などのお悩みに対応しています。従来の部分入れ歯は、残っている歯に金属のバネを引っ掛けることで、入れ歯本体を固定させていました。しかし、それでは金属アレルギーの患者様が使用できません。ナチュラルデンチャーは、金属のバネ部分が樹脂で作られており、金属アレルギーの患者様でも安心して装着できるのです。また、樹脂は歯ぐきに近い色合いをしているため、周囲に入れ歯の装着が気づかれにくく、見た目を気にされる患者様にも適しております。
そして、本体は薄く作られることで、お口にピッタリとフィットします。長時間の装着でもストレスが少なく、入れ歯を快適に使用したい患者様にお薦めです。


まとめ

保険診療と自費診療による入れ歯には、それぞれにメリット・デメリットがあります。自費診療の入れ歯であれば、選べる素材や形状が増えるため、より患者様の症例に合わせた治療が可能です。当クリニックでは、患者様のライフスタイルに合わせて入れ歯をご提案し、製作からアフターケアまで、サポートを充実させております。
お使いの入れ歯に関するお悩みや不具合などは、ゆざわや歯科まで何でもご相談ください。

ページトップへ戻る