虫歯に関する記事。|宇都宮市の歯医者なら「東武宇都宮駅」徒歩3分、無痛治療のゆざわや歯科クリニックへ。

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~13:00/14:00~19:30

  • 診療予約
  • 無料メール相談

スタッフブログ

虫歯に関する記事。

スタッフブログ 

宇都宮市オリオン通りの歯医者

ゆざわや歯科クリニックです。

 

読売新聞の6月4日の編集手帳に

面白いことが書かれていました。

 

「虫歯予防デー」は1928年(昭和3年)

6月4日に始まったそうです。

 

現在は「歯と口の健康週間」の初日ということになります。

 

88年前の6月4日の読売新聞には、

丸々1ページを使って、虫歯根絶の意義を説いていたそうです。

 

そのことは、「自分達の幸福であると同時に国家の幸福である」

と書かれていました。

 

ちょっとオーバーな気もしますが、事実を言っていると思います。

 

長年の啓発が成果か、

近年は虫歯の減少が著しいことです。

 

30年前、虫歯のある小学生は90%を超えていましたが、

今は2人に1人です。

 

しかし、東京都足立区が昨年。

小学1年生のいる家庭を対象に行った調査では、

生活困難世帯の場合、虫歯が5本以上のある子供の割合が

そうでない世帯の2倍に上まった。

 

そんなことからも、

虫歯の根絶が国の幸福を意味するという言い方が、

まんざらでもないとのことです。

 

以上、読売新聞に書かれていましたが、

興味ある知識をありがとうございました。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る