最近の歯科治療、なぜ“削らない”のに治せるのか|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~13:00/14:00~19:30

  • 診療予約
  • 無料メール相談

最近の歯科治療、なぜ“削らない”のに治せるのか

虫歯の治療といえば、とにかく歯を削らなければならないというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。歯を削るとなるとあの嫌な音もしますし、何より治療に痛みを伴います。

確かに、以前は虫歯拡大の予防の意味を込めて、大きく削ったりしていた時代もありました。ところが現在では、虫歯だからといって、必ずしも削らないように歯科治療が変わってきています。一体どういうことなのでしょうか。今回は削らない歯科治療について詳しく説明することにしましょう。

初期の虫歯は削らずに治療できる

虫歯の治療は“早期発見”と“早期治療”が鉄則です。虫歯は進行すればするほど治療に痛みを伴いやすくなりますし、神経の処置が必要になるなど治療も大掛かりなものになっていきます。早く見つければ削る量も少なくて済むので“早期発見”に勝るものはありません。

その半面、“早期治療”の考え方が少し変わってきています。以前は、初期の虫歯を見つけたら、それ以上広がらないうちに早めに削って塞いでしまうこともありました。しかし現在では、ごく初期の小さな虫歯を見つけたら、いきなり削ってしまうのではなく、しばらく注意しながら様子を見ましょうという考え方が主流です。

どうしてこんな考え方が出てきたのでしょうか。実は、私たちの歯には、もともとごく初期の虫歯であれば自然に治してしまう「再石灰化」という力が備わっているのです。

虫歯は、有名なミュータンス菌に代表される虫歯菌が酸を作って歯を溶かす脱灰という作用で進行していきます。これとは反対に、人間の唾液には自然治癒的に固まる作用があり、これを再石灰化と呼んでいます。虫歯は、飲食の習慣や磨き残しが原因で、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、歯が溶けるほうに傾いてしまった結果というわけですね。

ですから、この生活習慣を改めてバランスを正せば、ごく初期の虫歯であれば再び固まって治る可能性があります。(しみるほど進んでしまった虫歯は自然治癒しないので、治療が必要です。)

一方で、一度削った歯は元に戻せません。削ってしまえば詰め物でふたをすることになりますが、その隙間から二次的な虫歯が発生してしまうリスクもあり、結果的に歯の寿命を縮めてしまうおそれがあると考えられています。

このような考え方から、ごく初期の虫歯を見つけた場合には、むやみに削って歯を損ねてしまうのではなく、よく観察をして削らずに治そうという流れが一般的になってきています。

この流れの中で、歯科検診の現場も変わってきています。一番の変化は、探針を使わなくなったことです。以前は歯の検診には歯をつついて調べる探針がよく用いられていましたが、現在はごく初期の虫歯は探針を使わないで視診で行うように指導がされています。つまり、探針でむやみに歯をつついてしまうと歯質を壊してしまうおそれがあるので、慎重に検査をすることが求められているのです。

観察期間中はどのように過ごす?

他の歯の治療中や、歯科検診でC0(要観察歯)が見つかった場合には、まず歯垢を清掃して、虫歯の進行を防ぐフッ素剤を塗布します。フッ素には虫歯の進行を抑える

効果だけでなく、歯質を強くして虫歯になりにくくする効果もあるので、ご家庭で使う歯みがき粉もフッ素入りのものを選ぶといいでしょう。

このように応急処置を施した初期虫歯を回復させるためには、「食習慣の見直し」「食後の歯みがきの徹底」が欠かせません。

虫歯菌は食品に含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を溶かします。ですから、虫歯を防ぐためには、歯を溶かす酸の生成を防止すればいいということになりますね。お口の中が一番酸性に傾くのは、当然、食事の後です。一日のうちに何度も歯が酸性にさらされていては虫歯が進行しやすくなってしまうので、食事と食事の間には十分な時間の間隔をあけ、むやみに間食をしないということが、まず大切なポイントとなります。

また、できれば毎食後、必ず歯みがきをして、虫歯菌による酸の生成を防ぐ習慣を身につけましょう。どうしても毎食後の歯みがきが難しければ、夜の歯みがきだけでも歯と歯の間まで、時間をかけて徹底的にきれいにしてください。

セルフケアとプロフェッショナルケアで削らずに歯を守る

セルフケアはもちろんお口の健康を守るために欠かせないものですが、加えてプロフェッショナルケア(つまり歯医者さんによるケア)を受けることもお勧めします。

プロフェッショナルケアでは、専用の道具を使って歯や歯茎を隅々まできれいにし、さらにフッ素剤の塗布まで行います。セルフケアとプロフェッショナルケアを継続していくことで、初期の虫歯を治し、さらに今後の虫歯の発生が予防できるというわけです。

当院では、プロフェッショナルケアを含め、できるだけ削らないという理念のもとで治療を行っています。虫歯の治療や予防のご相談を、ぜひお寄せください。

ページトップへ戻る