ライオンの口の中!|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~12:00/14:00~19:30

スタッフブログ

ライオンの口の中!

スタッフブログ 

宇都宮市オリオン通りの歯医者

ゆざわや歯科クリニックです。

 

今日はライオンについてです。

フリー写真, フリー写真, CC0 写真, 動物(写真), 哺乳類, ライオン, 吠える

いきものたちの歯は、その形状や数、大きさなど、種によってさまざまです。

自然界のいきものたちにとって歯は、失って食べられなくなることが命にかかわる、

本当に大切なものです。

人間のように歯みがきなどのケアをしなくても、健康を維持するユニークな仕組みや

習性を備えていることが多々あります。

“百獣の王”として知られる肉食動物、ライオンの歯を説明します。

 

ライオンは、生後間もなく歯が生えはじめ、そして8ヵ月頃には、計30本の立派な

永久歯が生え揃います。

よく発達した犬歯は、獲物を捕まえ、引きちぎるための歯です。

奥歯の臼歯も大きく先の尖った形状で「裂肉歯(れつにくし)」と呼ばれます。

その名の通り、硬い肉をかみ切ったり、骨をかみ砕いたりするのに適しています。

ライオンが、口を横にしてエサや獲物にかぶりつくのは、裂肉歯を使っているからなのです。

野生下では、裂肉歯を失うと餓死することもあるそうです。

 

また猫好きの人なら、その舌がザラザラしているのはご存じの通りで、同じネコ科のライオンの舌も、

凹凸が並びザラザラしていて、その感触は“おろし金”のようでこれが食事をするとき、

獲物の骨に残った肉をそぎ落とすのに役立つのです。

また、毛づくろいするとき、ゴミや抜け毛を取り除くブラシのような役割も果たします。

ライオン, 歯, 轟音, 恐怖, 怒って, うなり声を上げてください, 強度, 舌

 

一度かみついた獲物を逃さないようにするため、ライオンのあごの関節は上下方向にしか動きません。

食べるときは咀嚼せず、肉をかみちぎって丸のみします。

私たち人間や草食動物のように、食べ物を臼歯ですり潰す必用がないので、左右方向に動かなくても

不便ではないです。

 

今日は人間ではなくライオンについてお話ししました。

ページトップへ戻る