歯周病菌と新型コロナウイルスの関連について|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~12:00/14:00~19:30

スタッフブログ

歯周病菌と新型コロナウイルスの関連について

スタッフブログ 

宇都宮市オリオン通りの歯医者ゆざわや歯科クリニックです。

2020年後半より、世界各国で歯周病菌と新型コロナウイルスの関連についての研究結果が報告されています。

歯周病菌が出す毒素が、ノドの粘膜を傷つけてコロナウイルスが体内に侵入しやすくなっていたり、歯周病で歯ぐきに慢性的な炎症が起きていると、強力なサイトカインの一つであるインターロイキン6(IL-6)が大量に継続的に産生されるといわれています。

歯周病菌が放出するインターロイキン6(IL-6)により一度サイトカインストームの引き金がひかれると、連鎖的に症状が全身に拡大してしまう可能性が指摘されています。

重度の歯周病の方では新型コロナ感染を全身で促進一悪化させ死につながる臓器障害を引き起こす可能性が増大してしまうもので、ちょっと怖いですね。

新型コロナウイルス感染症の重症化予防のためにも適切な口腔ケアが重要であるかと思います。

定期的に歯科医院で検診を受けましょう。(宇都宮市歯科医師会より)

ページトップへ戻る