入れ歯の扱いについて|宇都宮市の歯科・歯医者なら、東武宇都宮駅より徒歩3分のゆざわや歯科クリニック

ゆざわや歯科クリニック

ご予約の上ご来院下さい

0120307461

0286358050

[月・火・水・金・土]  9:00~12:00/14:00~19:30

スタッフブログ

入れ歯の扱いについて

スタッフブログ 

宇都宮市オリオン通りの歯医者ゆざわや歯科クリニックです。

入れ歯についていろいろと質問を受けますが、少しまとめてみました。

 

①入れ歯を熱湯で消毒してもいいのでしょうか

入れ歯は高温により変形することがあるので、熱湯消毒をしようと高温のお湯をかけたり、お湯につけたりしないでください。

②ブラシ・入れ歯の洗浄剤で落ちない汚れはどうしたらいいのでしょうか

入れ歯に長期間にわたり蓄積したタバコのヤニ、茶シブなどは専用のブラシや洗浄剤でもなかなか落ちにくいものです。

やすりなどで無理に取ろうとすると、入れ歯が破損する原因にもなります。

無理に取ろうとせず、かかりつけの歯医者に相談してみてください。

特殊な方法で綺麗にします。

③よく入れ歯を水につけておくようにと言われたことがありますが、どうしてですか

入れ歯は乾燥すると変形したり、ひび割れてしまうこともあります。

乾燥を防ぐため、長時間保管しておく場合は必ず水に浸しておくようにしてください。

水の代わりに洗浄液につけておくと、洗浄もできて一石二鳥といえるでしょうか。

④入れ歯はどうして洗浄しないといけないのでしょうか

入れ歯に付着した歯垢(デンチャープラーク)が増殖し、口臭、残存歯の虫歯、歯周病、さらには細菌性肺炎と全身への感染源となる可能性が考えられるからです。

こういった問題を起こさないために、『毎日』ブラシを使用した清掃(機械的清掃)と、入れ歯用洗浄剤を用いた化学的清掃によるデンチャープラークコントロールが重要です。

 

入れ歯は綺麗に丁寧に使ってください。

入れ歯になじむためには丁寧に綺麗に使うことです。

ページトップへ戻る